陽春四景(下)

1618293692806-effb7250-d7ce-454f-b47a-0a15227742fc

陽春四景(下)


2021年4月12日(月) 18時45分~


国立劇場 小劇場


【真打】柳家権太楼 …百年目
【真打】柳亭市馬 …花見の仇討
【真打】桃月庵白酒 …代脈
【真打】春風亭一之輔 …普段の袴


28回


763回


この陽春四景はスゴイ!!。前回も、もちろん、今回の(下)も、四人の師匠方のガチンコという感じで、今回トリの権太楼師匠、前で市馬師匠の花見の仇討が演じられてしまったし、陽春四景(上)で、さん喬師匠の百年目、演じられたにも拘らず、執念すら感じる”百年目”でした。が上手い。一時間弱の長講でしたが、疲れなど微塵も見せず、さすがの百年目でした。この時期、この演目、しばしばかかりますが、権太楼師匠のは又格別でした。市馬師匠の花見の仇討、久方ぶりの市馬師匠でしたが、さすがにお上手です。白酒師匠の代脈、十八番らしく内弟子の銀南さん、言動ともに目に浮かぶお噺でした。

一之輔師匠、普段の袴の八五郎、目の前で粗忽ぶりを演じている様でした。

皆さま、お疲れさまでした。

和らく(わらく)

和らく(わらく)

2014年8月、立川志の輔さんの落語会が初の落語でした。年間およそ100回以上、3日に1回以上は落語会に通っている落語好き。