Skip to content

大手町落語会 さん喬・市馬・権太楼・兼好

1570507650010-21f9b074-2534-4be5-a5f4-33ef8cf055d6

大手町落語会 さん喬・市馬・権太楼・兼好


2019年10月5日(土) 13時00分~


日経ホール
・椅子の硬さ:硬い
・椅子の大きさ:普通
・椅子の前の余裕:余裕あり


【真打】柳家さん喬 …牡丹灯記
【真打】柳亭市馬 …三十石(さんじっこく)
【真打】柳家権太楼 …家見舞い
【真打】三遊亭兼好 …大安売り
【二ツ目】入船亭小辰 …金明竹


130回


638回


大手町落語会、いつも、すごい、楽しい。四人の噺家さんが個性たっぷりに演じてくれました。兼好師匠の大安売り、負けっぷりの説明が終いまで聞かないと、理解できなくて、まあ面白い。権太楼師匠の家見舞い、肥瓶(こいがめ)から、今にも臭ってきそうでした。市馬師匠の三十石、いつも通り、舟唄がとても良く、船頭さんが、気持ち良く、三十石船を漕いでいる、そのものでした。

さん喬師匠の牡丹灯記、今年、三度目かな、でもこの噺、さん喬師匠の独壇場かな。最後のお祭りの場面で、幽霊の二人が仲良く歩いているところ、目に浮かびました。

和らく(わらく)

和らく(わらく)

2014年8月、立川志の輔さんの落語会が初の落語でした。年間およそ100回以上、3日に1回以上は落語会に通っている落語好き。